「矢澤にこ」ぶりっこなキャラ作りにしっかり者な本心!異なる魅力がウリの小悪魔系キャラ!

『ラブライブ!』あざと可愛い矢澤にこを紹介!

 

「にっこにっこにー」のフレーズで有名なにこにーこと矢澤にこ。
猫かぶりが得意で非常にあざといキャラですが、その姿はキュートといわざるを得ません。
今回はそんな彼女の人物像と魅力をさまざまな角度から紹介していきましょう。
きっとこの記事を読み終わる頃には「にっこにっこにー」と彼女の魅力の虜になっているはずです。

 

にこにーはあざと可愛い!?

 

にこはμ’sメンバーの中で頭抜けて猫かぶりをしているアイドルです。
彼女がみせる可愛い姿も、その猫かぶりにおけるキャラ作りでしかありません。
そのことから、「あざとい」とファンや視聴者からいわれています。
しかし、猫かぶりやキャラ作りは「アイドルは笑顔を見せる仕事ではなく、みんなを笑顔にさせる仕事」というプロ意識からくるもので、アイドルに対する情熱は人一倍。
そのことを知ってからにこを見てみると……あら、不思議。
非常に可愛いキャラに見えてきますね。
このような経緯でにこは「あざと可愛い」といわれるようになったのです。
それにこんな可愛い子に騙されるのも悪くないものではないでしょうか?

 

にこにーのチャームポイントは?

 

にこのチャームポイントの1つ目は「オシャレ」なところ。
アイドルに対して並々ならぬ情熱を向ける彼女は、研究にも余念がなく流行などに敏感です。
そのため、研究でどうにかできるオシャレには人一倍気を付けているのです。
2つ目は「白い肌」。
アイドルは肌が真っ白であるべきと考えており、肌へのケアを入念にしています。
その入念さはどんなに熱い夏場でも、日に焼かれないために長袖を着るという徹底ぷり。
アイドルとしての意識の高さがうかがえます。
そして最大のチャームポイントが「笑顔」でしょう。
普段はツンケンした顔をしていますが、ファンや観客の前では決して笑顔を絶やしません。
その笑顔はとても可愛く、いつもの姿を忘れてしまうほどの眩しさを秘めています。

また、アイドルとしてのチャームポイントとは異なりますが、非常に面倒見がいい性格。
μ’s内では年長者ということもありますが、下の兄弟が3人もいることが影響しています。
アイドルとして輝こうとする一方で、案外家庭的な面も覗かせてくるのです。
そのギャップにやられる人もいるのではないでしょうか。

 

声優は徳井青空さん!

 

にこを担当する声優は「そらまる」の愛称で親しまれる徳井青空(とくいそら)さん。
本作の他に、『探偵オペラ ミルキィホームズ』の譲崎ネロ、『ご注文はうさぎですか?』のマヤ、その他多くの作品の主要キャラを演じています。
また、漫画家としても活動しており、「オタポケ」にて4コマ漫画『魔法少女★自宅ちゃん』を連載するなど、多彩な才能を秘めているのです。
さらに自他ともに認めるほどの重度の「オタク」で、特に『新世紀エヴァンゲリオン』が大好き。
なかでも惣流・アスカ・ラングレーの大ファンを自称しています。
エヴァ愛はコスプレもするほどに大きく、同じ趣味を持っている中川翔子さんを先輩として尊敬し、プライベートでも会うほどに仲良しだそうです。
多岐に渡って活躍する徳井さんは、そのどれにもプロとしての意識を持って挑んでいます。
その意識はまさににこと同じものといえましょう。
実ににこ役がはまる声優なのです。

 

ソロ曲は実ににこらしい曲!

にこのオリジナルソロ曲は2つリリースされており、そのどちらも実ににこらしさが前面に押し出されたものとなっています。
ここではその2曲を軽く紹介しましょう。

まほうつかいはじめました

なんといっても注目は歌詞でしょう。
「にっこり」「にっこにこ」といったフレーズを各所に散りばめ、にこ中毒に陥ります。
アップテンポな曲調でノリもよく、聴いていると思わず口ずさんでしまうような曲です。

 

にこぷり 女子道

こちらも「にこ」というフレーズが各所に散りばめられています。
「まほうつかいはじめました」との違いは、あざとさを押し出してきている点。
歌詞がアイドルとしてのにこを連想させるもので、実にあざと可愛い曲に仕上がっているのです。

設定上、にこは歌が苦手となっていますが、決して下手な歌なんかではありません。
上記の2曲のように、聴くだけで「にこの曲」だとわかるのは、ある種彼女の才能なのでしょう。

 

にこの名言を紹介!

 

アイドルとして高い意識を持つにこ。
そんな彼女のプロ意識の高さがわかる台詞を紹介していきましょう。

「いい?アイドルっていうのは笑顔を見せる仕事じゃない!笑顔にさせる仕事なの!それをよーく自覚しなさい!」
「みんなの前で歌って、ダンスして、みんなと一緒に盛り上がって、また明日から頑張ろうって、そういう気持ちにできるアイドルが、私は大好きなの!」

アイドルに向ける情熱、想い、さまざまなものが詰まっているのがこの台詞からうかがえます。
そして、にこの凄まじい点はこれらの台詞を決して「意識高い系」のありふれた台詞にせず、きちんと努力をして現実にしようとする点でしょう。
まさにプロというべき人物なのです。

その反面、あざとすぎて引いてしまう名言も残しています。

「にっこにっこにー!あなたのハートににっこにっこにー!笑顔届ける矢澤にこにこ!にこにーって覚えてラブにこっ」

こちらはにこの自己紹介になります。
とてつもないインパクトは与えそうですが、実際に目の前でやられたらちょっときつい……かも?

 

人気はどうなの?

 

グループである以上、人気の優劣は避けられません。
『ラブライブ!』もすでに5回の人気投票がおこなわれています。
そんななかで、にこの人気はどの程度なのでしょうか?
にこは5回の人気投票のなか、2回目の投票で見事に1位に輝きました。
そして、その他の人気投票でもメンバー内で唯一5位より下に入っていないのです。
非常に安定した人気を誇っており、あざと可愛いキャラが大人気だと結果が証明しています。

ただし、人気投票はあくまで人気の指標でしかないので、キャラの優劣には繋がらないことだけは理解しておいてくださいね。

さて、あざと可愛いにこにーの魅力は伝わったでしょうか?
あざといところ、可愛いところ、そして何より努力を怠らないところがにこの魅力なのです。
ぜひともそんな彼女を応援してあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です